「地元金融機関で働く女性コンサルタントのホープ」伊藤 綾香さん:株式会社 三十三総研


sanjusan

四日市を離れたくない地元の金融を志望

生まれも育ちも三重県四日市市。社会人になってもここを離れることは全く頭になかったという伊藤綾香さん。彼女は小学生の時に習っていたそろばんで商売の成り立ちに興味をもち、中学時代から金融系への就職を意識していたそうです。その後彼女は愛知県の国立大へ進学し、学生時代に簿記2 級、FP3 級資格を取得。しかし、県外の金融機関はどうしても働くイメージができなかったそうです。「ずっと四日市で育ってきたので、津ですら遠い存在に感じました」と、四日市への強い愛着を実感した彼女は、地元で馴染み深い三重銀行へ総合職として入行を決めます。金融系のなかでも銀行に決めた理由は「証券会社や生命保険会社より、銀行の方が色々な金融商品を扱っているのが魅力でした。また大学のゼミで管理会計をやっていたので、より経営に近い視点で金融に関わりたかったからです」とのこと。

金融スペシャリストの経験を活かしてシンクタンクへ

入行後、伊藤さんは銀行ロビーでの接客や、個人向け営業を経験。営業時代はちょうどリーマン・ショックの影響でなかなか難しい時代だったようですが苦痛ではなかったのでしょうか?「上司や本部からの支援があったので、苦痛と感じたことはなかったですね。自分ひとりでは難しい案件も、支援があって成約に結びついたこともあります」と、組織の力に助けられたといいます。1 年ほどたった後、今度は三重県内支店の法人営業部で融資担当へ異動。融資関連書類の作成や店頭での相談業務を経験します。名古屋の支店も経験する中で、タイプも内容もそれぞれ違う顧客対応や契約に奔走。「土地も違えばお客様の考え方もだいぶ違います。そして書類作成もそれぞれ法律的な手続が違い、一つのミスも許されないので神経を使いました」と、当時の苦労を語ります。膨大な知識量が必要とされる職場だったようですが、勉強熱心な彼女だからこそ乗り越えられたのでしょう。

接客、営業、契約事務…様々な経験を積んだ銀行員時代

181227-0004しかし、そんな苦労もあって金融スペシャリストとして様々な経験を積んだ彼女は、一年間の外部研修の後、同行のシンクタンクである三十三総研へ出向。現在、唯一の女性コンサルタントとして、女性ならではの活躍が期待されています。いま、彼女はどんなやりがいや夢を感じているのでしょうか?「シンクタンクでの業務を通じて、これからは地元の企業様のお役に立ちたいという気持ちがより一層強くなりました。いまは弊社が運営する“33FG ビジネスプランコンテスト” に特に力を注いでいます」。このコンテストは三十三フィナンシャルグループが三重県と愛知県で斬新かつ独創的なビジネスプランの掘り起こしと、事業化支援することによって地域活性化を目指すもの。大企業のなかで与えられた仕事を精一杯こなしてきた彼女だからこそできる、新しいステージへの飛躍が注目されます!

仕事人

伊藤 綾香(32 歳)
株式会社 三十三総研
2009 年 四大卒
同年  三重銀行入行
2017年 三重銀総研
(現:三十三総研)へ
休日の過ごし方:所属する合唱団の活動でリフレッシュすること。毎年、新曲に挑戦しています!

入社を決めた理由

  • 地元で就職したかった
  • 地元に馴染み深い企業だったから

これまでの流れ

学生時代から金融を志望(簿記2 級FP3 級取得。)
金融系企業へ就職活動(銀行、証券、生保などを見て回る。)
地元志向を強める(とくに四日市に強い思い入れが。)
三重銀行入行

 

関連記事

  1. 2019-1-9

    「フリーランスでIT 技術者の道を拓く」太田礼奈さん

    とくにやりたいことがなかった 学生時代、とくにやりたい仕事がなかったという太田礼奈さん。専門学…

ピックアップ記事

  1. 遊びたかった20 代休日がほしくて今の会社へ 「子育て中のパパにはすごく働きやすい職場です」と…
  2. 県内就職率を33%から43%へ 三重県を代表する教育機関の一つ、三重大学は文系と理系を合わせて5 …
  3. 部活に馴染めず…ストリートサッカーで技術習得 いま愛知・三重を拠点に約900 名の子ども達に教…
ページ上部へ戻る