インタビュー:NPO法人ほがらか絵本畑 三浦伸也さん(しんちゃん)更新しました


sin2三重県内はもちろん、全国、そしてニュージーランド(!)で、絵本の読み遊びライブを行い、絵本の楽しさを子供たちに伝えるしんちゃん(三浦伸也さん)。

子供たちの雰囲気などを一瞬のうちに感じ取り、その場で読む本を決めるそうです。

大人も子供もその世界にぐんぐん引き込まれていきます。

「迷う時は、わくわくする方を選んだらいいよ」という言葉がとても印象に残りました。

▼インタビューは下記からどうぞ▼

やりたいことがあるなら、やった方がええよ!!三浦伸也さん:株式会社 ほがらかカンパニー

関連記事

  1. 2019-1-16

    三重の働く”HAPPY”に出会う!学生と保護者の情報マガジン「みえハピ!ペーパー」創刊

    母の視点で「我が子もこんな会社で働けたら!」と本気で思える 三重県内・近隣の「人を大切にする会社」…

ピックアップ記事

  1. 意外に「頭を使う」職人の仕事 手を使うことが好きで、ずっと“モノづくり” がしたかったという西…
  2. IT コンサルタントから転身 こんなにもバラエティに富んだ経歴の人が三重にいたのだろうか?馬野…
  3. 憧れ続けてきた保育士に挫折 工作・絵画好きという佐藤さくらさんは幼少の頃から保育士に憧れを抱い…

LINE登録はこちら

LINE登録はこちら
ページ上部へ戻る