インタビュー:NPO法人ほがらか絵本畑 三浦伸也さん(しんちゃん)更新しました


sin2三重県内はもちろん、全国、そしてニュージーランド(!)で、絵本の読み遊びライブを行い、絵本の楽しさを子供たちに伝えるしんちゃん(三浦伸也さん)。

子供たちの雰囲気などを一瞬のうちに感じ取り、その場で読む本を決めるそうです。

大人も子供もその世界にぐんぐん引き込まれていきます。

「迷う時は、わくわくする方を選んだらいいよ」という言葉がとても印象に残りました。

▼インタビューは下記からどうぞ▼

やりたいことがあるなら、やった方がええよ!!三浦伸也さん:株式会社 ほがらかカンパニー

関連記事

  1. 2019-1-9

    「金髪ギャルだった私が20 歳で副店長に」福本 恵奈さん:ゑびや大食堂

    「何のために生きているか分からない」どん底を経験 高校生の時に家庭の事情により、高校中退して働…

ピックアップ記事

  1. 意外に「頭を使う」職人の仕事 手を使うことが好きで、ずっと“モノづくり” がしたかったという西…
  2. 四日市を離れたくない地元の金融を志望 生まれも育ちも三重県四日市市。社会人になってもここを離れ…
  3. 仕入れから売り場つくりまで一通りできるところが魅力 私たちの身近な存在、スーパーではどんな人が…
ページ上部へ戻る