【女性は戦力!】株式会社プラトンホテル


株式会社プラトンホテル

platon-hotel1


地域を代表するホテルを目指す

platon-hotel2株式会社プラトンホテル(三重県四日市市西新地7番3号)は県内商工業の中心都市である四日市市の駅前に立地し、宿泊施設のほか宴会、ブライダル、レストラン&バー、エステまで提供するシティホテルとして地元住民で知らない人はいないランドマークタワーだ。三重県北勢地域を代表するホテルとして一流のサービスを誇り、かつ、ご当地カラーも忘れない接客をモットーとしている。
また、3年前からはネイルやクッキング等のカルチャー教室「プラトンカルチャー」をはじめ、「ミスユニバース・ジャパン」三重大会の主催をスタートさせ、宿泊・宴会だけにとどまらないオリジナルな企画ができるホテルとして注目を浴びている。

 


広がりをみせる女性活躍の場

platon-hotel3そんな斬新な企画ができるのも、同ホテルの支配人が女性だからかもしれない。支配人の黒田美和氏は、エレガントで爽やかな笑顔が素敵な女性。しかし、子育てと仕事を両立しながら、支配人になるまでには様々な苦労と葛藤があったようだ。「仕事に夢中になるあまり、子どもたちと約束した時間に帰宅できず寂しい想いをさせたことも何度もあった。家事負担を主人に期待することをせず、夕食の支度から掃除洗濯にいたるまで全て自分でやってしまっていた」と話す。だが、今では二人のお子さんも自立し、子ども時代を振り返って「お母さんは忙しかったけれど本当によくやってくれた」と理解を示してくれ、とっても嬉しいと笑顔でお話しいただいた。


また同ホテルで活躍する女性は黒田氏だけではない。いま若い世代の女性たちが続々と活躍の場を広げている。最近、女性を含む11名の営業部隊をつくり、新しいホテル需要を取り込む商品の開発を行っているそうだ。営業先リストの企業をきちんと回って確実に実績を上げている女性社員に今後の期待が膨らむ。


platon-hotel4また黒田氏は「自分の職場だけではなく、会社全体のことを考え、一人二役をこなす気概を持ってほしい」と常にスタッフに話しているそう。実際、調理部門で働く女性スタッフが、社外の研修の講師をさせていただいたことで視野が広がり、料理以外のことにも目を向けてくれるようになり、社内改善において成果を上げてきているという。

 

 

 

 


仕事の限界を決めないで

黒田氏は「女性は責任感が強く、与えられた仕事をきちんとこなすという能力は高い」と評価する一方、「リーダーシップを発揮したり、自分のテリトリーを超える仕事をするのに躊躇するところがあり、とてももったいない」と話す。

今後のビジョンとして女性たちに「ぜひ仕事の目標を持ってほしい」と願う。「自分の家事や子育ての経験を生かし、環境は用意するので、会社全体の中で自分のポジションを把握し、能力の上限を決めないで、どんな役割や存在意義を持てるか考えてほしい。それによって仕事にやりがいがでるし、新しい自分の能力に気づくはずだから!」と同じ女性ならではの熱いメッセージをくれた。

platon-hotel5


会社概要

株式会社プラトンホテル

代表者:佐野 貴信
所在地:三重県四日市市西新地7番3号
電 話:059-352-0300
FAX:059-353-0133
URL:http://www.platon-hotel.co.jp/

 

 

 

関連記事

  1. 2019-1-9

    「〝モノづくり〞がやりたい板金職人という道」西野 翔太さん:有限会社 伊藤鈑金工作所

    意外に「頭を使う」職人の仕事 手を使うことが好きで、ずっと“モノづくり” がしたかったという西…

ピックアップ記事

  1. 結婚後15 年間、パートを転々として再就職 伊勢志摩で生まれ育ったという薮木珠実さんは、結婚前…
  2. IT コンサルタントから転身 こんなにもバラエティに富んだ経歴の人が三重にいたのだろうか?馬野…
  3. 意外に「頭を使う」職人の仕事 手を使うことが好きで、ずっと“モノづくり” がしたかったという西…
ページ上部へ戻る