就活をする子どもたちが抱えている「本質的な不安」に親ができること


cbf9ebaa3a9aab6b45ea17b2b4831fbf_m

皆さん、こんにちは。
来年春に就職する予定のお子様をお持ちの親御さんは、もう落ち着かれている人と、「まだ、決まっていなくて」という方に分かれるでしょうか?でもね、今は驚くほどの「売り手市場」です。きっと、いい企業さんとの出会いがあるはずです。あまり、焦らず、お子さんの就活を応援しましょうね!と、言いたいところですが、最近、耳を疑うようなお話を聞きます。

■勝手に内定を取り消す親がいる理由

このお話を聞いたのが、2年前です。うそのようですね。また聞きなので、真偽のほどはわかりませんが、多方面からそのようなお話は聞きます。きっと、その会社の将来性が親にはわからないのでしょうね…。ですが、私のところにも、わが子の就職について相談が舞い込んできます。その多くが、「企業のことが分からないから・・・」というものでした。私から見たら、大手企業へ就職するよりも、三重県内で世界的シェアを誇る会社や、今後、世界へ飛び出していきそうな会社に就職したほうが、子どもたち個人の特性や才能が活かせるのに!と思うのですが、そんな会社があることが、全く知られていないのが現状です。(もちろん、企業側は一生懸命知ってもらう努力はしていますが、そこがなかなか…)。

■子どもたちが抱えている本質的な不安とは?

これから成人となる子どもたちが抱えている大きな不安の本質は、今後の世界がだれも経験したことがない変化の時代が到来することです。私たち親が「正しい」と思っていることが通じない時代がやってきているのです。そんな時代に、親としてできることは、『世の中がどんな時代へ向かっているのか?を知っていること』だと思っています。学校の先生さえ、ビジネス界の状況を把握することは難しい時代です。そんな時代にこそ、親として、子どもと「仕事」の話ができる!そんな関係を!と願いこのコラムを書いています。

親が最低限知っていなければいけない現状は下記の3つだと考えています。

1)寿命100年時代の到来による人生設計の変化
2)AI技術の進歩による仕事の変化
3)日本経済の縮小により求められるグローバル化、ダイバーシティ化

1)寿命100年時代の到来による人生設計の変化

世界に一大旋風を巻き起こした下記の本。ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。私たちの時代は「人生80年」と言われていたのですが、それが100年になるとどうなるか?65歳の定年が変わらない限り、残された人生をどう生きるのか?そんなことを考えて、「ワーク」と「ライフ」を選択しないといけないのです。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略(amazonへ)

lifeshift

2)AI技術の進歩による仕事の変化

AI技術の進歩により「無くなる仕事」がたくさんあるといわれています。その発端は、2013年に英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授が発表した論文『雇用の未来』の中で、「10~20年以内に労働人口の47%が機械に代替されるリスクがある」と述べ、その職業のリストを発表したことにあります。その職業の中には、「え?ほんとに?」と思えるものもあるのですが、スマホ・・なんてなかった時代があったことを考えると、今後20年で何が起こるかなんて、本当にわかりませんね?そんな時代に、今の若者はいろいろ考えています。最近目にしたニュースをご紹介します。

メルカリの先をいく「17歳CEO」の将来(外部サイトへ>>)

「メルカリ」というアプリを使っている方はいらっしゃるかもしれません。会社としての業績が好調なだけでなく、メルカリという会社が働き方にも独自の取り組みをされていたりして、革新的な会社です。そんな会社の「先を行く」と書かれている会社の社長は17歳!新しくスタートしたビジネスが「レシート画像を1枚10円で買い取るサービス「ONE」。この記事を読んだあと、またすぐに「お祈りメールを1万円で購入します」というキャンペーンも目にしました。驚きの発想ですよね!

3)日本経済の縮小により求められるグローバル化、ダイバーシティ化

日本の人口減少は皆さんもご存知だと思います。二十歳になった娘でさえ「私たちの老後は保証されないんでしょー?」なんて言いますので、年金制度が当てにならないというのは知っているようです。今でさえ、人材不足解消のため海外からの労働力に頼る企業も増加し、外国人と働く機会が増えており、彼らとのコミュニケーションが求められる時代です。また、人口減少に伴い、日本国内のビジネス市場も縮小し、企業は海外へと進出を余儀なくされます。そこで、海外で外国人相手にビジネスができる人材が求められる社会がやってくるのです。

今後のLINE@では「母視点のビジネス”旬”情報」を配信します!

母はだれでも、「わが子に幸せに暮らしてほしい」と願っているはずです。お金持ちになって欲しい!と願っている方もいらっしゃると思いますが(笑。それにも、「今」を知ることは大切ですね。このサイトの立ち上げ目的は今も変わりません。(「我が子を想う母たちへ」参照)

『三重の成長企業と夢を実現したい若者とのマッチングを目指して!』という目的のもと、親として就活をする子どもたちを見守る&手助けするために知っておいたほうがいい情報を配信していきます!最近は、「働き方改革」が叫ばれていますが、仕事を頑張りすぎて、命を落とす人まで出てきてる中、大切なのは「やりがいをもって働き、幸せを感じる生活を送ること」だと思っています。不定期になるかもしれませんが、末永くお付き合いください。

🔻みえハピ!のLINE@は下記から登録ください🔻

友だち追加

関連記事

  1. 2019-1-9

    「地元金融機関で働く女性コンサルタントのホープ」伊藤 綾香さん:株式会社 三十三総研

    四日市を離れたくない地元の金融を志望 生まれも育ちも三重県四日市市。社会人になってもここを離れ…

ピックアップ記事

  1. 結婚後15 年間、パートを転々として再就職 伊勢志摩で生まれ育ったという薮木珠実さんは、結婚前…
  2. IT コンサルタントから転身 こんなにもバラエティに富んだ経歴の人が三重にいたのだろうか?馬野…
  3. 学生から社会人向けにアジア、アフリカ、南米など新興国へ長期インターンシップを提供するタイガー…
ページ上部へ戻る